BHSプラクティショナーの実務原則

ブレナン・ヒーリングサイエンス・プラクティショナーの実務原則

バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリングの教師達により採用-2003年3月3日

序文

実務原則は、ブレナン・ヒーリング・サイエンス・プラクティショナー(以下BHSプラクティショナー)がヒーリング・セッションを行う際のガイドラインであり、又一般の人がヒーラーを選ぶ際、実りのある関係を持てるヒーラーを選択する指針となるよう定められています。

The Barbara Brennan School of Healing(バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリング/以下、BBSH)の4年間のプロフェッショナル・スタディーのプログラムの卒業生として、BHSプラクティショナーは、自己改革の体験、ハンズ・オン・ヒーリングのテクニック、プロとしての実践、クリエイティブ・アート、統合的なケア、身体と精神の繋がりについて認識し習得する為の集中的なプログラムを修了しています。

BHSプラクティショナーとしての最優先の目的は、適切で、誠意、思慮のある心構えを持って、クライアントそれぞれの独自なヒーリングの道のりを援助していく事です。そしてBHSプラクティショナーは、親身になってクライアントのヒーリングや自己改革の過程に合った安全な環境を整え、人生に確信が持てるよう導いていく事に努めています。広い意味で、BHSプラクティショナーはその知識や人間の精神の向上を支援するトレーニングを地域や世界への貢献の為に応用しているのです。

クライアントとのセッションにおいて、BHSプラクティショナーはクライアントの状態や必要性に応じて、自らの能力、技能によるさまざまなスキルやヒーリングの方法を組み合わせ取り入れることがあります。どれだけルールを作っても、BHSプラクティショナーが直面する全ての状況に対応するルールを作る事は不可能です。従って、後述の実務原則では、一般的又は一時的なクライアントとの関係において、BHSプラクティショナーが明確にすべき意図と認識の重要な側面を提示しています。

意図、誠意、プロとしての責任感

1. BHSプラクティショナーは、クライアントの健康、繁栄、スピリチュアルなヒーリングの為に、トレーニングの知識、スキル、意図を活用するよう努めなくてはなりません。

2. BHSプラクティショナーは、各自のトレーニングの経験や能力に相応するサービスを提供し、もし他の治療が適当又は必要であると判断した場合は、他のヒーラーや医療関係者に紹介しなくてはなりません。

3. BHSプラクティショナーは、他の者からの指導、コンサルタント、生涯教育等で、常に自分の業務の分野の知識を最新に保ち、更にその知識を活用できるようにしておかなくてはなりません。

4. BHSプラクティショナーは、治療の提案、約束、診断をしてはならず、薬の処方もする事はできません。(そういった処置のできる資格を持っている者を除く)さらに病気の治療法や回復を約束してはいけません。

患者とのコミュニケーションとプロとしての境界線

5. BHSプラクティショナーは、セッションを始める前にセッションについての一般的な概要、料金や請求方法、BHSプラクティショナーとしての規則、手順について明確、正確、正直にクライアントに伝えなくてはなりません。

6. BHSプラクティショナーは、プロとしてクライアントとの境界線を守らなくてはなりません。そしてクライアントとBHSプラクティショナーとの間の認識と立場の違いを細部まで把握し、プロとして働いている期間やその後、BHSプラクティショナーの利益や自己の満足感の為に立場を悪用してはいけません。更にBHSプラクティショナーは、クライアントがBHSプラクティショナーに依存しすぎる状態にならないよう気をつけなくてはなりません。

7. BHSプラクティショナーは、クライアントと恋愛関係または性的関係を持ったり、関係を持つ事を持ちかけたり、始めたりしてはなりません。BHSプラクティショナーは、クライアントに性的関係の勧誘、肉体的又は口頭の如何に関わらずセクシャル・ハラスメントやその他の人に嫌がられる行為、人を不快にする行為、敵対心を持つような環境、安全でないヒーリングの環境を作る事に関わってはいけません。そしてBHSプラクティショナーは、クライアントとの関係が終了してから2年以内にそのクライアントと性的関係を持ってはいけません。ただし、2年後に元クライアントに危害を与えたり営利目的で利用する事がなく、適切な監視の元で誠意を持って決断した場合、その限りではありません。

8. BHSプラクティショナーは、自己の目的と異なる可能性のある場合や、クライアントや元クライアントと二重又は多重的関係になる事を事前に避けなければなりません。

患者とそのコミュニティに敬意を払う

9. BHSプラクティショナーは、クライアントの基本的な威厳、価値、自己の旅路を年齢、性別、人種、民族性、国籍、宗教、性的指向、障害の有無、言語、社会的地位の違いに関わらず尊重しなくてはなりません。そしてBHSプラクティショナーは、文化、個人、役割の違いを敏感に察知するよう努力しなくてはなりません。

10. BHSプラクティショナーは、各クライアントが自分と違う価値観、態度、信念、意見を持つ権利がある事を尊重しなくてはなりません。そしてBHSプラクティショナーは、たとえBHSプラクティショナーがクライアントにとって最良の方法であると判断した場合でも、その行動や信念を押し付けたり、強制することはできません。BHSプラクティショナーは、クライアントが人生の選択を学ぶ事や、その選択によって起こる結果を考える事を通じて、クライアント自身に力を与える事、自己決定、自己改革のプロセスを支援しなければなりません。

11. BHSプラクティショナーは、ヒーリングの威厳を保ち、クライアントにBHSプラクティショナーが属する地域社会に、国際社会における神聖な人類の心に、プロとしてのヒーリングを提供する役割を認識していなくてはなりません。

患者への守秘義務

12. BHSプラクティショナーは名前や個人情報を含むクライアントの秘密、記録を他者に洩らしてはいけません。しかし次の様な場合を除きます:

(A)クライアントが許可した場合

(B)BHSプラクティショナーがプロとして管理する際、クライアントが匿名であり管理する目的を遂行する為に必要である場合

(C)クライアントや他の者に明白に危険が切迫しており、情報の公開が必要な場合

(D)法律によって定められている場合

(E)BHSプラクティショナーがクライアントの訴えにより、民事又は刑事訴訟、懲戒処分の被告人となった場合(その場合、クライアントの個人情報はその手続きに沿ってのみ公開されます。)

13. クライアントからの書面による要請や承認、道義心に沿った場合やBHSプラクティショナーの能力のレベルにより、BHSプラクティショナーがプロとして判断し、クライアントの他のヒーラー、セラピスト、医者、スピリチュアルな師と、クライアントにとって最大限に有益となるよう相談する事もあります。

BHSプラクティショナーの自己責任、福利、サービスの終了

14. BHSプラクティショナーは、自分自身をケアし、継続的にパーソナル・ヒーリングに努力を投じ、そしてこの努力がクライアントのヒーリングの鍵である事を認識していなくてはなりません。

15. BHSプラクティショナーは、定期的に能力のある他の専門家と個人のスーパービジョン・セッションを行わなくてはなりません。そしてBHSプラクティショナーは、クライアントとの関係に障害が起こるのを防ぐ為に、未解決の個人的な問題、逆転移、感情的な反応等のサインを見逃さないよう注意を怠らず、必要であれば他の専門家の援助を得る義務があります。

16. BHSプラクティショナーは、酒気帯び又は薬剤や薬物の影響があり、クライアントとの関係に障害が起こり得る状況である場合、セッションを行ってはいけません。

17. BHSプラクティショナーは、クライアントにセッションの必要がなくなり、これ以上続けてもクライアントに有益にはならないと判断した際、セッションを終了します。BHSプラクティショナーの身体的または精神的な病気、未解決の個人的な問題によりセッションを終了することが望ましいとされた場合は、終了する事ができます。BHSプラクティショナーは、金銭的な事情のみでクライアントとのセッションを続けてはいけませんが、クライアントに支払い能力がない場合や、払う意思のない場合にはセッションを終了する事ができます。可能であれば、セッションを終了する正当な理由を伝え、他のプロのサービスを探す手助けをします。

Copyright Barbara Brennan School of Healing®. All rights reserved.